マンション 最上 階 ペントハウス|高級邸宅のメリット・デメリット

不動産

ペントハウスの特徴とメリット・デメリット

最上階に位置する高級な邸宅、ペントハウスとは? ペントハウスは、マンションの最上階にあり、広大なルーフテラスが付属した特別な部屋のことを指します。

高級マンションの象徴的存在として、物語の舞台にもよく登場します。

ペントハウスは、一般的に都市部の高級物件に多く見られる”億ション”とも呼ばれます。

ペントハウスには、屋上に建てられた家屋という意味があります。

ただし、マンションの最上階にある部屋すべてがペントハウスとは限りません。

グレードの高い内装材や設備が使用され、特別な設計がなされているため、一部の特別な部屋がペントハウスとなります。

また、一戸建てやビルの階段室やエレベーターの機械室、倉庫など、屋上に突き出した小屋もペントハウスと呼ばれることがあります。

ただし、高級邸宅としてのペントハウスと区別するため、これらの場合は”塔屋”と呼ばれることもあります。

ペントハウスのメリット

1. 天井が高い

一般的なマンションの天井高は2.3~2.5mほどですが、ペントハウスでは3m以上の高さを確保していることが珍しくありません。

この天井の高さにより、実際以上に空間を広く感じることができます。

高級ブランドの大型家具を置いても、窮屈さを感じることはありません。

2. 広く明るいルーフテラス

一般的なマンションのルーフテラスは北側に設置されることが多いですが、ペントハウスでは北側だけでなく、南側にも広いルーフテラスが確保されていることが多いです。

南側にメインのルーフテラスを設けることで、日差しをたっぷりと浴びることができ、明るい空間を楽しむことができます。

ペントハウスのデメリット

1. 高額な価格

ペントハウスは高級物件のため、価格も一般的なマンションに比べて高額です。

特別なデザインや高級な内装材が使用されていることから、その分のコストがかかるためです。

2. メンテナンスの手間

ペントハウスの広いルーフテラスや特別な設備は、定期的なメンテナンスや管理が必要です。

また、建物の最上階に位置するため、風雨や大気汚染にさらされやすく、これらの要素によって劣化が進む可能性もあります。

以上、ペントハウスの特徴とメリット・デメリットについてご紹介しました。

ペントハウスは、特別な設計や高級な内装材で贅沢な暮らしをすることができる一方、価格やメンテナンスの手間も考慮する必要があります。

ペントハウスの特徴

南向きのテラスがあり、1日を通して明るく、庭付き一戸建てのような開放的な空間を楽しむことができます。

また、高級感とステータス性も高く、ほかの部屋よりもグレードの高い内装材や設備が使用されています。

エレベーターで最上階のボタンを押すことは誇らしい感情を覚える人もいますし、ペントハウスに住んでいること自体がステータスにもなります。

プライバシーと騒音

ペントハウスは一戸建てのように独立していることが多く、フロア全体を独占的に使用することができるため、プライバシーが守られます。

また、最上階は周囲の建物からほとんど視線が届かないため、カーテンを開け放っていても気にする必要がありません。

また、周囲の住戸から聞こえる騒音はマンションでよくあるトラブルの一つですが、ペントハウスでは上に階や隣の部屋がないため、生活音が聞こえてくることがありません。

静かな生活を送ることができます。

眺望の良さ

最上階に位置するペントハウスは、マンションの階数とともに眺望が大きく向上します。

一人で広がる風景を独占することができ、遠くまで広がる景色を楽しむことができます。

立地によっては、周囲の建物に邪魔されることなく夕焼けや花火を楽しむこともできます。

ペントハウスのデメリット

しかし、ペントハウスにもいくつかのデメリットがあります。

一つは、建物の防水処理が経年劣化した場合に、最上階であるペントハウスが最初に雨漏りの被害を受ける可能性が高くなることです。

また、マンションの高層階ほど風が強く吹く傾向があるため、ペントハウスのルーフテラスは特に風が強くなります。

風の影響でベンチやテーブルなどが吹き飛ぶ危険性があるため、強風の日には注意が必要です。

ペントハウスの魅力と注意点

高額な価格や家賃がかかる

一般的に、マンションの分譲価格や家賃は階数が上がるごとに上がる傾向があります。

そして、特に最上階の部屋はその建物内で最も高額になることが多いです。

さらに、ペントハウスは内装や設備が他の部屋と比べて高級な仕様となっているため、一般的な最上階の物件よりもさらに高額です。

ルーフテラスの使用料が必要

ルーフテラスは、マンション住人全員が共有する場所ですが、ペントハウスに住む人は独占的に使用することができます。

そのため、ルーフテラスの使用料を支払うことが必要です。

一般的なマンションでは、家賃や住宅ローンの他にも管理費や修繕積立金などの費用がかかりますが、ペントハウスではそれに加えてテラスの使用料も支払う必要があります。

そのため、月々の維持費が高額になる場合があります。

地震の影響を受けやすい

マンションの階数が上がるほど、地震の揺れが増幅される性質があります。

そのため、最上階に位置するペントハウスでは、実際の震度よりも揺れを大きく・長く感じることがあります。

また、停電などでエレベーターが停止した場合には、階段を長く昇り降りしなければならず、下の階よりも不便を感じるかもしれません。

これらのことを考慮して、ペントハウスに住むかどうかを決めると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました