タワー マンション メリット デメリット|タワマンのデメリットは何になる?

不動産

タワーマンションの特徴とメリット

タワーマンションは、都心部を中心に建設されている高層マンションのことを指します。

その特徴的な点やメリットについて詳しく解説します。

まず、タワーマンションの最大の魅力は、眺望の良さです。

タワーマンションは一般的なマンションとは異なり、周囲に視界を遮る建物がないため、開放感があります。

特に高層階に住む場合、美しい景色を楽しむことができます。

また、タワーマンションは耐震・免震・制震構造を備えていることが多いです。

これは、地震の際に揺れや衝撃を和らげることで被害を最小限に抑える役割を果たします。

そのため、地震に強いと言われています。

さらに、タワーマンションは生活利便性にも優れています。

敷地内にはスーパーやコンビニなどの商業施設が入っていることが多く、買い物や生活に便利です。

また、市役所の出張所や図書館などの公共施設が設置されている場合もあります。

そして、タワーマンションは共用施設が充実しているのも特徴です。

最近では、キッズルームやスタディルーム、ジム、ゲストルームなど、さまざまな設備があるタワーマンションも増えています。

これにより、住民は快適な生活を送ることができます。

以上が、タワーマンションの特徴とメリットについての解説です。

タワーマンションは、充実した共用施設やステータス、通常のマンションでは味わえない眺望が魅力的です。

しかし、購入する前に注意点もあるため、よく考えて検討することが重要です。

タワーマンションの魅力

タワーマンションの魅力

所有者だけの利用が可能なシアタールームやラウンジには、コンシェルジュサービスが充実しており、生活をより便利に快適にすることができます。

また、手厚い防犯・防災対策も整っており、住人の安全と安心を守ることができます。

大規模マンションでは、24時間有人管理が行われている場合もあるため、セキュリティ面でも完璧な環境が整っています。

オートロックや防犯カメラの設置だけでなく、防災センターの併設もあり、災害時の対策も万全です。

さらに、超高層建築物には国土交通省の大臣認定を受ける必要があるため、災害時の備えもしっかりとされています。

備蓄倉庫や簡易トイレなどの防災設備も整備されており、住人の安全を守るための対策が万全です。

タワーマンションのデメリット

購入代金以外にかかる維持費には注意が必要です。

入居当初は管理費や修繕積立金などの費用について「これなら支払える」と思っていても、年々上昇していき、10年後には2倍や3倍の金額になることもあります。

特に高層ビルでは共用部分の面積比が大きくなるため、エレベーターやコンシェルジュサービス、ラウンジなどの共用施設が多いほど、管理費が高くなる傾向があります。

また、修繕積立金も不足しがちであることに注意が必要です。

タワーマンションでは高性能な設備が必要とされるため、非常用エレベーターなどの設備を更新する際には高額な費用がかかる場合があります。

また、大規模修繕の際には外壁が高級仕様であるため、特注品を使用しなければならない場合もあります。

これらの点から見ると、タワーマンションの維持費は通常のマンションに比べて高くなる傾向があると言えます。

タワーマンションの注意点

修繕費用や住民のタイプの相違があげられます。

タワーマンションの大規模修繕工事には特殊な工法が用いられます。つまり通常のマンションの様に足場を組んで施工するのではなく、上部からゴンドラを吊り下げて外壁の塗装・補修工事を行う事になると思います。そうなると工期が延びます。工期が延びると言うことは費用もかさむことになります。

そうなった場合修繕積立金の値上げも視野に入れておく必要があります。

修繕費用が足りない場合の問題

通常のマンションとは異なる工期や工法により、修繕費用が足りなくなることがあります。

この場合、修繕費用の一時金徴収が発生する可能性もあります。

また、築年数の経過に伴い修繕費用が上昇する物件であることを知らずに購入する人もいます。

売り出し時に積立金の額が安い場合は、長期的な修繕計画の見通しの甘さを疑う必要があります。

現在は修繕費用が安いタワーマンションでも、将来的に値上がりする可能性があることを考慮する必要があります。

まとめ

タワーマンションで懸念される問題は、住民構成です。

通常のマンションと比べて、タワーマンションでは投資目的で購入する所有者の割合が多い傾向があります。

さまざまな住民のタイプが存在することは、住民同士の話し合いがまとまりにくいデメリットをもたらす可能性があります。

最近では、海外の投資家が都内の高額なタワーマンションを購入するケースが増えています。

日本人との価値観の相違により、共用施設でのマナーの悪さや修繕費用の適切な積み立て拒否など、住民同士の対立が発生することもあります。

今後、大規模な修繕や建て替えが必要になった場合、住民のタイプの多様性から、通常のマンションよりも意見がまとまりにくい状況が考えられます。

投資目的の所有者が多いため、予定よりも早い建て替えが行われたり、建て替えの前に売却される所有者が急増したりすることで、建て替えが困難になる可能性もあります。

タワーマンションが必ずしも資産価値を保つとは限らないことを、あまり安易に考えるべきではありません。

タイトルとURLをコピーしました